TiNTiN  PATRONE

bottled water ( 2021)

decentralized ongoing artist group project

 curated by tintin patrone and shotaro ikeda

 

 

evolving virtual exhibition space designed and filled with works, performances and working environment by 7 German and / Japanese artists from Hamburg, Germany and Osaka, Japan

 

participating artists: UC EAST, Shoji Funakawa, Carl-John Hoffmann, Tim Huys, Shotaro Ikeda, Aya “David” Ito, Nils Knott, Kayu Nakada, Franziska Nast, Takuro Oshima, Tintin Patrone, Shuhei Shibata, Malte Struck, Hannes Wienert

 

ドイツ·ハンブルクのアーティスト7人と日本·大阪を中心としたアーティスト7人の作品とパフォーマンス、そして日常の風景や制作環境を基にヴァーチャル展示空間を構成します。

ヴァーチャル空間は、制作発表の場において、私たちの身体的·空間的拡張として作用するのでしょうか。また、両都市のアーティストはコロナ禍でどのように活動し、制作と発表を続けているのでしょうか。そういった問いを交えながら、両都市のアーティストが時差7時間、距離8,887 kmの隔たりをヴァーチャル空間内で交流します。

参加アーティスト:ニルス·ノット、ハネス·ウィナート、マルテ·ストラック、カール=ジョン·ホフマン、フランツィスカ·ナスト、伊藤”デイヴィッド”彩、中田粥、UC EAST、船川翔司、おおしまたくろう、ティンティン·パトローネ、池田昇太郎、柴田修平、ティム·フイス

 

 

With the kind support of the Ministry of Culture and Media Hamburg and Deutscher Künstlerbund.

 

 

facebook_page

entry virtual gallery space

 

© Christina Köhler 2021